6.わかりにくい、ケイ素とケイ酸の違いと開発経緯(1)


 

SiO4 (ケイ酸)とは、地殻の60%を占めると言われるケイ素(SiO2)が高温・高圧で変化したもの。ケイ酸は化学式でSi(OH)4 と表記され、一般的には温泉のメタ珪酸(H2SiO3)で知られ、深海の熱水礁ではオルト珪酸(H4SiO4)が形成されると言われています。ケイ酸は健康ブームと医学的処方術にも用いられ16項目の必須ミニラルに含まれない重要なミネラルです。しかし、ケイ酸も化学合成品が積極的に市場化され始めています。

 

私たちは、飲用で親しまれている長湯温泉源から採取を行い、ケイ酸に改質しています。マークの標語は「天然ケイ酸塩改質」である事の重要性と、飲用の安全・健康へのお守り(Security)を表現しています。

 

飲む温泉を改質・ケイ素セキュリティSiO4Ⓡの開発

チェコ・温泉コロネード:Vridelni Kolonada飲泉の発祥

 

ヨーロッパで最も古い町のひとつである温泉街カルロヴィヴァリ、18世紀後半、カールスバッド医師のデイビッド・ベシェルはカルロヴィヴァリの海域で二酸化炭素を発見し、二酸化炭素の影響が最も強い温泉で直接ミネラルウオーターを飲むよう患者に勧めました。

「温泉は大地のミネラルで、これを飲む事は野菜を食べる以上に貴重な健康づくり」と言う考えは定着。1522年バイヤー博士治療効果のある温泉につかると気力、活力が増すのはもちろん美容にも大きな成果があらわれます。

こうして健康を守り回復させようとする行為は古くからの魅力ある楽しみでもあります。

 

公共福祉のために伝統的かつ現代的な手法で宝の温泉を活用していくことは本当に賢明であると思います。

(独)バートナウハイム市ヘッセン州温泉保養(事)エドワード・アルト博士

長湯温泉に「日本一の炭酸泉」の折り紙がついたのは平成元年。しかし昭和初期すでにその希有な財産を認めた医学博士・松尾 武幸氏、九州帝国大学の教授でした。

私たちは、この事実にもとづき長湯源泉から「天然ケイ酸改質SiO4」の事業化に着手しました。